アルバイトの確定申告と税金。所得税・源泉徴収・年末調整・還付など

面倒くさい確定申告、税理士にお願いしてみませんか?

当サイトおすすめ!⇒ 安く・近く・年齢・性別で税理士を探すならこちら

アルバイトで稼いだら確定申告しなくちゃダメ?

アルバイトでも稼いだら確定申告するの?」・・・あなたはこんな疑問を持ったことはありませんか?確定申告とは、1年間の収入に対する税金を納付するための手続きのこと。つまり、アルバイトでも給与を貰っている以上、確定申告は必要になります


確定申告で納付する税金のことを「所得税」といいます。この所得税、実は大抵アルバイトやパートでも給与が支払われる時にあらかじめ差し引かれています。これを「源泉徴収」といいます。


既に源泉徴収で所得税を支払っているなら、もう申告の必要はないのでは?と思われる方もいるかもしれません。ですが、1年間の所得とは、1月1日から12月31日まで働いて初めて確定するわけです。要するに源泉徴収は確定した所得税を払っている訳ではなく、仮払いしている状態。この仮払いしている所得税を正確な金額に直すための作業が確定申告なのです


これら税金に関わる作業は、会社勤めの人であれば「年末調整」として会社が行ってくれます。しかしアルバイトで源泉徴収された場合、そうとは限りません。アルバイト先が年末調整をしてくれなければ、自分で確定申告しない限り、正確な所得税を納めたことにはなりません。つまりアルバイトで稼いだ場合でも確定申告をしなくてはダメなのです。

確定申告しなければならない条件は?

アルバイトで働く人が確定申告しなければならない条件はいくつかあります。


・アルバイト先で年末調整されなかった場合

・年末調整がされる前にアルバイト先を辞めてしまった場合

・短期のアルバイトで年末調整がされなかった場合


他にも条件はありますが、今回は上記のようにアルバイトで給与を得ながら年末調整が行われなかった場合に絞って考えてみましょう。


年末調整が行われていない場合は、1年の間に得たアルバイトによる収入から「控除」と「経費」をもとに本当の所得を出して、確定申告で精算しなければなりません。


確定申告でさらに多くの税金を取られるのかなあ・・・と心配する必要はありません。多くの場合では、あらかじめ源泉徴収されている所得税は多めに見積もられているため、確定申告すると「還付」といって納付しすぎていた所得税は戻ってきます。


逆に言えば、もし確定申告をしなければ、アルバイトの収入のうち、払わなくてもよいお金が所得税として多めに徴収されたままになってしまうのです。アルバイトで本当に自分が稼いだ金額は、確定申告に行くことによって決定するといえますね。

確定申告までの流れが知りたい!

アルバイトをしている人が確定申告をするのは、2月16日から3月15日の1ヶ月間。還付を受けるための確定申告ならば、この期間の1ヶ月前から受け付けてもらえます。


確定申告の期限が近づくと、確定申告をする人たちで税務署が混み合ってきます。逆に、早く行けば行くほど、それだけ還付金が早く受け取れるので、早い時期に確定申告の準備をして提出しておくのがお勧め。


確定申告に必要なものとしては、税務署から送られてくる確定申告用の提出書類とは別に、自分で用意しなければならない書類もあります。


自分で用意するのはアルバイト先から貰った源泉徴収票、所得税の還付がある場合は戻ってくる税金を振り込んでもらう銀行口座の口座がわかる資料、認印です。


年末調整用の保険料控除証明書が手元にある場合はその書類も持って行きましょう。所得から引かれる控除の対象になります。


確定申告用の書類については、税務署内に確定申告書の作成コーナーがあるので、税務署員の方に書きかたについて尋ねると良いでしょう。係の人に教えてもらいながら書類に記入し、捺印して提出すれば確定申告は完了です。


確定申告で確定した所得金額によって市町村民税、いわゆる住民税の額も決まってきます。


納税は、国民の三大義務の一つです。アルバイトで稼いだ場合でも、確定申告をしっかり済ませて義務を果たすようにしましょう。

簡単な見積相談を一度入力するだけで貴方に最適な税理士の先生に出会えます!